• スケジュール
  • ニュース
  • 試合結果
  • TOP
  • ショップ
  • 歴代王者
  • 選手名鑑
PLAYERS

NEXT MATCH

8月15日(日)ajpwtv LIVE

昼12:30 試合開始  夜17:00 試合開始

東京・新宿FACE

対戦カード

昼12:30 試合開始

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
石川修司
vs 
斉藤ジュン

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
ブラックめんそーれ
vs 
吉田綾斗

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
ゼウス
vs 
立花誠吾

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
大森隆男
vs 
青柳亮生

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
ライジングHAYATO
vs 
T-Hawk

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
宮原健斗
vs 
児玉裕輔

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
入江茂弘
vs 
羆嵐

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
ジェイク・リー
vs 
SUGI

※試合順は決定次第お知らせ致します。





夜17:00 試合開始

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
諏訪魔
vs 
斉藤レイ

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
イザナギ
vs 
フランシスコ・アキラ

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
大森北斗
vs 
本田竜輝

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
TAJIRI
vs 
デビル紫

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
ヨシタツ
vs 
佐藤光留

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
田村男児
vs 
アブドーラ・小林

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
岩本煌史
vs 
土肥こうじ

「第8回 王道トーナメント」1回戦 
青柳優馬
vs 
芦野祥太郎

※試合順は決定次第お知らせ致します。

チケット購入

               公式 eプラス Oチケ                チケットぴあ confetti
シリーズ情報 プロレス格闘技DX サムライTV GAORA LINE公式アカウント AJPW international twitter スポンサー カーベル伊藤 全日本プロレス社長からの便り 練習生募集 全日本プロレスジュニアレスリングクラブ

『全日本プロレス社長からの便り』Vol.7

『全日本プロレス社長からの便り』Vol.7

 

 

去る2月23日に後楽園ホールで行われた 三冠ヘビー級王者=諏訪魔選手 vs 挑戦者=佐藤耕平選手 の

タイトルマッチは私にとって印象的な一戦でした。

器用な選手達による派手な技の応酬でしたら他でも見られますが、

この二人の闘いには二人が歩んできたそれぞれの人生そのものが重々しく映し出されていて、

勝った方からも負けた方からもリングに対する熱い思いが感じられました。

ファンの皆様の目にはどのように映ったでしょうか。

 

またこの日は、春に戻って開催される今年の『2021Champion Carnival』出場選手を

発表させて頂きました。

昨年までのような2ブロックに分けて最後に決勝戦という形ではなく、

総当たりリーグ戦です。勝ち星を重ねて先頭を走る選手の足を意外な選手が引っ張る事もあるでしょうし、予想外の選手が金星を挙げる事も有るでしょう。
最後に誰が優勝するのか、日々予想をしながら戦況を見守りつつ

5月3日の優勝者決定までを楽しんで頂きますよう宜しくお願い致します。

 

そして5月16日(日)には大田区総合体育館で久々にビッグマッチ

『2021 Champions Night ~三冠統一の地から 50周年への飛翔~』を行う事も発表させて頂きました。
まだどのような試合が行われるのかは決まっておりませんが、

恐らく三冠、世界ジュニアなど全日本プロレスが管理するベルトのタイトル戦が行われる事でしょう。

これから順次お知らせして参りますので楽しみにしていて下さい。

 

コロナ禍によって座席数が半分以下に減らされている現状でビッグマッチを行う事は

経営的にはリスクであり賭けにも近いのですが、しかしここで来年の創立50周年に向けて

勢いを付ける事が大事だと思って開催する事に致しました。

 

最近よく「 50周年記念大会はどの会場でやるんですか?」と質問を受けます。
現実に幾つか候補は挙がっています。

しかし現時点では来年の秋にまだコロナの影響が残っているのかいないのか、

会場を満席にできるのか半分しか入れられないのか、

かかる経費に対してどれくらい売上を予想する事が出来るのかなど、

あまりに条件が変動的なので判断が難しいところです。
社会情勢を見極めながら慎重に会場を決めたいと考えております。

 

まずは5月16日の大田区での大会を成功させ、今年後半にかけて一層盛り上げてゆき、

そして来年に勢いをもって向かってゆければと期待をしております。