• スケジュール
  • ニュース
  • 試合結果
  • TOP
  • ショップ
  • 歴代王者
  • 選手名鑑
PLAYERS

NEXT MATCH

2月6日(木) ajpwtv LIVE

19:00 試合開始

東京・新木場1stRING

対戦カード

タッグマッチ
大森北斗
ライジングHAYATO
vs
田村男児
花見達也

4Wayマッチ
イザナギ
vs
ブラックめんそーれ
vs
岡田佑介
vs
フランシスコ・アキラ

シングルマッチ
青柳優馬
vs
UTAMARO

シングルマッチ
宮原健斗
vs
小仲=ペールワン

タッグマッチ
岩本煌史
TAJIRI
vs
木髙イサミ
阿部史典

グラップリングマッチ 
※特別レフェリー 佐藤光留
野村直矢
vs
関根“シュレック”秀樹

タッグマッチ
ジェイク・リー
吉田綾斗
vs
諏訪魔
石川修司

チケット購入

ゼウス

ゼウス

Zeus

ボディービルの世界での活躍を経て、06年11月に大阪プロレスでデビュー。プロボクシングにも挑戦した異色の経歴も持つ。

10年にはボディガーとのタッグチーム「ザ・ビッグガンズ」を結成。14年4月「チャンピオン・カーニバル」に参戦し、その後も全日本プロレスのリングに定期参戦。15年2月と8月には三冠ヘビー級王座にも挑戦し、敗れるものの圧倒的な存在感を放ち、周囲を驚かせた。

15年9月全日本プロレスに入団。12月にはザ・ビッグガンズで悲願の世界タッグ王座を獲得。プロレス界にその名を知らしめた。

その後もボディガーとのタッグ「ザ・ビッグガンズ」で世界タッグ王座を通算4度獲得し、全日本プロレスタッグ戦線にて絶対的な存在感を発揮。

18年7月には地元・大阪府立体育会館 第1競技場にて三冠ヘビー級王者 宮原健斗を破り、悲願の三冠初戴冠を果たした。同年10月横浜文化体育館 にて宮原健斗に敗れ惜しくも王座から陥落したが、横浜を揺るがした死闘はベストバウトの呼び声も高く、シングルプレイヤーとしての地位を確固たるものとした。

19年9月には長年ライバル関係にあった崔領二と電撃的にタッグを結成し、世界タッグ王座を獲得。

心身ともに脂が乗り切り常にキャリアハイを更新するその姿に、我々は魅了され続けるだろう。

所属

全日本プロレス本隊

生年月日

1982年1月27日

出身地

大阪府大阪市

身長

181cm

体重

105kg

デビュー 2006年11月11日 大阪・デルフィンアリーナ(対 小峠篤司)
タイトル 三冠ヘビー、世界タッグ、大阪プロレス選手権、大阪プロレスタッグ、NWAインターコンチネンタルタッグ
入場テーマ

得意技

ジャックハマー / バイセップス・エクスプロージョン / チョークスラム / イーグルネルソン

SNS

@zeusmatsuri

祭 (Blog)

一覧に戻る