• スケジュール
  • ニュース
  • 試合結果
  • TOP
  • ショップ
  • 歴代王者
  • 選手名鑑
PLAYERS

NEXT MATCH

12月5日(土) ajpwtv VOD

18:00 試合開始

新潟・万代島多目的広場 大かま

対戦カード

第1試合 
シングルマッチ
フランシスコ・アキラ
vs
アレハンドロ

第2試合 
6人タッグマッチ
大森隆男
ブラックめんそーれ
岡田佑介
vs 
佐藤光留
田村男児
本田竜輝

第3試合 
タッグマッチ
大森北斗
児玉裕輔
vs
青柳亮生
ライジングHAYATO

第4試合 
2020 世界最強タッグ決定リーグ戦
公式戦 30分1本勝負
宮原健斗
青柳優馬
vs
イザナギ
入江茂弘

第5試合 
2020 世界最強タッグ決定リーグ戦
公式戦 30分1本勝負
ヨシタツ
崔領二 
vs 
関本大介
アブドーラ・小林

第5試合 
2020 世界最強タッグ決定リーグ戦
公式戦 30分1本勝負
諏訪魔
石川修司
vs 
TAJIRI
田中将斗

メインイベント 
2020 世界最強タッグ決定リーグ戦
公式戦 30分1本勝負
ジェイク・リー
岩本煌史 
vs 
芦野祥太郎
羆嵐

チケット購入

大森 隆男

大森 隆男

Takao Omori

アニマル浜口ジムで鍛えた後、全日本プロレスに入団。

92年全日本プロレスでデビューし、95年1月には秋山準をパートナーに迎えアジアタッグ王座を初載冠。99年には、高山善廣と「NO FEAR」を結成し世界タッグ王座を獲得するなど大活躍。

00年にプロレスリング・ノアに移籍するも03年に退団。11年3月シリーズから古巣・全日本プロレスのリングに定期参戦。同年11月から征矢学とのタッグ「GET WILD」でワイルド旋風を巻き起こした。

12年1月後楽園大会にてファンによる全日本プロレス入団ジャッジが行われ,同年2月全日本プロレス再入団。その後、秋山準が保持する三冠ヘビー級王座に挑戦するも惜しくも敗北。同年3月には征矢学と共にダークオズ&ダーククエルボから念願の世界タッグ王座奪還を果たした。年末の「世界最強タッグ決定リーグ戦」に世界タッグ王座を返上し臨み見事に優勝。同王座再獲得を果たす。

12年プロレス大賞では征矢学と「ベストタッグチーム賞」を獲得。14年「チャンピオン・カーニバル」で初優勝、6.15後楽園大会にて三冠ヘビー級王座初載冠を果たす。更に6.28札幌大会で世界タッグ王座を奪取し、五冠王となる。その後も秋山準とのタッグで年末の「世界最強タッグ」で優勝。2014年はまさに“大森隆男イヤー”であった。

15年には全日本プロレスの取締役に就任し、ワイルド取締役として手腕を振るう。またシリーズ終了後の「大森取締役定例会見」が定着し、全日本名物として人気を博した。

16年には征矢学とのタッグ「GET WILD」を復活させ、「世界最強タッグ決定リーグ戦」では怒涛の全勝優勝を果たし、“大森隆男ここにあり”を満天下に知らしめた。

18年には「大森隆男の人生相談」が新木場大会恒例となる。

19年取締役から退陣したが、これからも変わらぬワイルドファイトで全日本プロレスを盛り上げ続ける。

所属

全日本プロレス本隊

生年月日

1969年10月16日

出身地

東京都世田谷区

身長

190cm

体重

110kg

デビュー 1992年10月16日 福島・会津体育館(対 浅子覚)
タイトル 三冠ヘビー、世界タッグ、アジアタッグ、IWGPタッグ、GHCタッグ、AWA世界ヘビー
入場テーマ

Get Wild

得意技

アックスボンバー / アックスギロチンドライバー / 各種人生相談

SNS

@omoritakao(Twitter)

質実剛健 (Blog)

一覧に戻る