• スケジュール
  • ニュース
  • 試合結果
  • TOP
  • ショップ
  • 歴代王者
  • 選手名鑑
PLAYERS

NEXT MATCH

9月23日(月・祝)

18時00分 試合開始

愛知・名古屋国際会議場(イベントホール)

対戦カード

第1試合 
「第7回 王道トーナメント」
準決勝 無制限1本勝負
宮原健斗
vs
ゼウス

第2試合 
「第7回 王道トーナメント」
準決勝 無制限1本勝負
石川修司
vs
ジェイク・リー

第3試合 
8人タッグマッチ
秋山準
丸山敦
UTAMARO
柴山貴哉
vs
大森隆男
ブラックめんそーれ
大森北斗
フランシスコ・アキラ

第4試合 
タッグマッチ
岩本煌史
田村男児
vs
岡田佑介
佐藤光留

第5試合 
6人タッグマッチ
青柳優馬
ヨシタツ
青柳亮生
vs
崔領二
伊香保京介
大門寺崇

第6試合 
第7回 王道トーナメント
スペシャル8人タッグマッチ
諏訪魔
KAI
黒潮”イケメン”二郎
滝澤大志
vs
野村直矢
ジョー・ドーリング
ディラン・ジェイムス
サム・アドニス

メインイベント 
「第7回 王道トーナメント」
優勝決定戦 無制限1本勝負
宮原健斗vsゼウスの勝者
vs
石川修司vsジェイク・リーの勝者

チケット購入

秋山 準

秋山 準

Jun Akiyama

ジャイアント馬場のスカウトにより、92年に全日本プロレスに入団。
同年9月に小橋健太を相手にデビュー。
年末の「世界最強タッグ決定リーグ戦」には病気療養中のジャンボ鶴田の代役として大抜擢され出場を果たした。95年1月には大森隆男をパートナーに迎え「アジアタッグ王座」を初載冠。
その後も95年5月に三沢光晴と、99年1月・10月に小橋健太と組んで
「世界タッグ王座」を獲得するなど、四天王と並び五強と呼ばれるほどの目覚しい活躍でその名を知らしめた。
00年7月プロレスリング・ノアへ移籍。ノア旗揚げ時から第一線で活躍した。
01年7月に日本武道館で三沢を破り「GHCヘビー級王座」を初載冠し、3度防衛した。
その後、2度獲得し「GHCヘビー」は合計3回載冠。
11年4月にはノアの秋山準として全日本プロレス「チャンピオン・カーニバル」に出場。
10月には全日本プロレス両国大会で当時、三冠王者の諏訪魔を破り「三冠ヘビー級王座」を初載冠し4度防衛する。12年をもってノアを退団しフリーになる。13年2月より「バーニング」として全日本マット本格参戦。
4月には悲願であった「チャンピオン・カーニバル」に初優勝。同年7月に全日本プロレスへ正式に再入団する。
14年7月より「オールジャパン・プロレスリング(株)」の代表取締役社長に就任、
19年7月より取締役ゼネラルマネージャーとして全日本プロレスの舵取りを担う。
同年12月には大森と「世界最強タッグ」初優勝。
15年9月「王道トーナメント」では決勝で曙を破り初優勝し、11月にはその勢いのまま「三冠ヘビー」を奪取。
プロレス大賞でも98年敢闘賞、03年技能賞、00年・01年・11年殊勲賞も獲得。
その他にも現在までに数多くのタイトルを獲得している。

所属

全日本プロレス本隊

生年月日

1969年10月9日

出身地

大阪府和泉市

身長

188cm

体重

110kg

デビュー 1992年9月17日、全日本、東京・後楽園ホール (対小橋建太)
タイトル 三冠ヘビー、世界タッグ、アジアタッグ、GAORA TV、GHCヘビー、GHCタッグ
入場テーマ

SHADOW EXPLOSION / STERNNESS

得意技

エクスプロイダー / スターネスダスト / ジャンピングニーバット / フロントネックロック

SNS

@jun0917start

Burning (Facebook)

一覧に戻る