• スケジュール
  • ニュース
  • 試合結果
  • TOP
  • ショップ
  • 歴代王者
  • 選手名鑑
PLAYERS

NEXT MATCH

5月19日(水)ajpwtv VOD

18:00 試合開始

神奈川・保土ヶ谷公会堂

対戦カード

第0試合
シングルマッチ ※17:30試合開始
ヨシタツ
vs
ライジングHAYATO

第1試合
シングルマッチ
岩本煌史
vs
フランシスコ・アキラ

第2試合
全日本プロレスTV認定 6人タッグ選手権試合前哨戦
タッグマッチ
大森隆男
ブラックめんそーれ
vs
TAJIRI
大森北斗

第3試合
世界タッグ選手権試合前哨戦
6人タッグマッチ
宮原健斗
青柳優馬
青柳亮生
vs
石川修司
佐藤耕平
阿部史典

第4試合
アジアタッグ選手権試合
【第110代 王者組】
ゼウス
イザナギ
vs
【挑戦者組】
佐藤光留
田村男児

メインイベント
三冠ヘビー級選手権試合前哨戦
6人タッグマッチ
諏訪魔
芦野祥太郎
本田竜輝
vs
ジェイク・リー
土肥こうじ
羆嵐

チケット購入

               公式 eプラス Oチケ                チケットぴあ confetti
シリーズ情報 プロレス格闘技DX サムライTV GAORA LINE公式アカウント スポンサー カーベル伊藤 全日本プロレス社長からの便り 練習生募集 全日本プロレスジュニアレスリングクラブ 旧ファンクラブ

諏訪魔

諏訪魔

Suwama

輝かしいアマレスの実績を引っ提げ、04年にデビュー。

06年から「VOODOO-MURDERS」で活動していたが、本隊に戻り「チャンピオン・カーニバル」優勝、佐々木健介から勝利し、三冠ヘビー級王座初戴冠するなど大きな実績を残す。10年8月両国大会で鈴木みのるとの40分越えの死闘を制し2度目の三冠ヘビー級王座載冠。その後、5回防衛に成功。

12年12月よりジョー・ドーリングと「LAST REVOLUTION」を結成。13年3月船木誠勝を破り、三冠ヘビー級王座 3度目の戴冠。

13年7月には、ジョー・ドーリングと共に新ユニット「Evolution」を結成。10月には世界タッグ王座も獲得し、五冠を達成した。また、6度の準優勝とあと一歩、手が届かなかった年末の「世界最強タッグ決定リーグ戦」もついに制した。

14年6月 大森隆男を破り4度目の三冠ヘビー王座戴冠を果たす。

同年7月 にはオールジャパン・プロレスリング(株)の取締役専務に就任し「暴走専務」ぶりを各所で発揮。15年11月には「リング上に集中したい」という理由で専務を辞任。その言葉通り、16年1月秋山準を破り5度目の三冠ヘビー級王座載冠を果たした。

17年10月には宮原健斗を破り、史上最多となる6度目の三冠ヘビー級王座戴冠を果たした。

同年12月には石川修司とのタッグチーム“暴走大巨人”で「世界最強タッグ決定リーグ戦」優勝を果たす。その後も暴走大巨人は全日本プロレスマットを席捲し、タッグ解消までに4度の世界タッグ王座獲得と東スポプロレス大賞では2017年、2018年、2019年の3年連続で最優秀タッグチーム賞を受賞。

20年3月 宮原健斗を破り最多更新の7度目の三冠ヘビー級王座戴冠及び自身2度目となる五冠を達成。

21年3月 オールジャパン・プロレスリング(株)の専務執行役員に就任し、5年ぶりに「暴走専務」復活となった。

「全日本プロレス」へ強いこだわりを持つこの男が、これからも全日本マットの中心で己の目指す闘いを追及し続ける。

所属

Evolution

生年月日

1976年11月23日

出身地

神奈川県藤沢市

身長

188cm

体重

120kg

デビュー 2004年10月11日 東京・後楽園ホール(対 馳浩)
タイトル 三冠ヘビー、世界タッグ
入場テーマ

諏訪魔DDS

得意技

ラストライド / バックドロップ・ホールド / ジャーマン・スープレックス / 万力スリーパー

SNS

@suwama_H2(Twitter)

諏訪魔オフィシャルサイト (H.P.)

@suwama_alljapan(Instagram)

一覧に戻る